脇の臭いの原因はアポクリン腺が活発になって酸化した汗が分泌される事

体臭にはいろいろな種類がありますが、特に臭いが強くて気になるのは脇の臭いでしょう。脇にはアポクリン腺という汗腺があってそこから分泌する汗が皮脂や汚れなどと混ざって酸化されています。その酸化された汗が分泌されてしまうと脇の臭いが強くなってしまいます。

アポクリン腺は誰にでもあるのですが、脇の臭いが強くなってしまう人はアポクリン腺が活発になってしまう人です。アポクリン腺が活発になってしまうと汗の分泌量も多くなってしまうので臭いも強くなってしまいます。脇の臭いを防ぐにはアポクリン腺を活発にさせないという事が大切になってきます。

アポクリン腺が活発になってしまうのは動物性タンパク質を多く摂取してしまう事が挙げられます。動物性タンパク質は肉類などに含まれているので肉類を食べる習慣がある人はアポクリン腺が活発になりやすいです。そのため肉類を食べる習慣を変えていく事がアポクリン腺が活発になるのを抑える事に繋がっていきます。

アポクリン腺から酸化された汗が分泌されるのを抑える働きがあるのが大豆製品に含まれているイソフラボンです。イソフラボンは抗酸化作用あるので体内から活性酸素を除去して汗の酸化を防いでくれます。そのため酸化された汗が分泌されなくなるので脇の臭いを軽減する事が出来ます。イソフラボンは大豆製品の納豆に多く含まれているので毎日納豆を食べる習慣を付けておくと脇の臭いも次第に解消する事が出来るでしょう。

脇の匂いについて詳しく調べるならここがおすすめです!